<< BIG ISLAND | main | そこそこの香り >>

BIG ISLAND-2

こんにちは!
今日は雪になるとか?
気温の変化が激しいですね。
風邪などひかないようご自愛ください!

ハワイ島の報告に興味を持ってくださった方々がいらしたので、有難く簡潔にお伝えしたいと思います。

ハワイ島のスタートはヒロから北東方面、ワイピオ渓谷、アカカフォールズ、ワイメアをはじめとした曲にまつわる土地など巡りましたが、その後はボタニカルガーデンに行ってハワイの花や植物を観察したり、レインボーフォールズやBOILING POTなど立ち寄りながら南に向かいました。途中、昨年末のホイケで踊ったカヒコ・アウアナ両曲に出てくるパナエヴァを経由し、キラウエアへ。前にも書いた、チェーンオブクレーターズのドライブを楽しみ、たくさんのオヒアレフアに出会い、興味のあるクレーターでストップしながら、海へつながる溶岩を見て、その壮大な景色を堪能しました。
息子も何度も車から降りて、たくさん自然を感じ、自らはりきって写真を撮ったりしていました。
サーストン溶岩トンネルなど火山公園を少し回って、その日はキラウエアエリアに宿泊しました。
またしてもB&Bです。
ここがまた一軒家のような作りで、暖炉などもある温かく洗練された空間です。
ここのレストランの調度品や食器など全てがクオリティのよさやセンスに溢れています。
近くに火山を感じながら夜を過ごし、早起きして昨日行かなかったキラウエアをめぐりました。もう一回溶岩トンネルLAVA TUBEを巡り、ペレの住むハレマウマウでパワーを感じ受け、ジャガーミュージアムではペレについて息子と話し、彼はとても興味を持っていました。
その日の夜、学校の宿題の絵日記にペレについて書いていたほどでした。
夜はカラパナでの溶岩ハイクをし、ラッキーなことに、赤い溶岩を見ることができました。
私も改めてハワイの自然やパワーに圧倒され、親子共々大きな感動を味わいました。

南から西へ向かい、途中黒砂海岸プナルウへ。プナルウのパンはハワイならではのいろんなフレーバーがあって美味です!
海岸では野生の海亀に出会えました!
休憩中の海亀は邪魔しないようそっとしておくのが大切とのこと。
しばしゆっくりした後、絶対行きたかったサウスポイントへ。
ここまでの道はガタガタでレンタカー保険適用外エリアであり、ツアーなどもあまりないようです。

聖なる地でもあり、ハワイの深さを感じ、怖さすら感じました。
自然の力を感じながら、圧倒されそうでした。
ハワイのどこかのハラウがパフを作りながらレクチャーをしていました。

コナへ向かう途中には、昔、罪を犯した人々が流れ着いた、聖地ホオナウナウへ。
ヘイアウやティキやカヌーもあり、昔のハワイの人々の生活を感じ見ることができます。
ここでも息子と共に、より深いハワイを感じました。

ようやくコナへ。
コナではいわゆるリラックスハワイをと思い、ひとつずつ部屋が別々になっているコテージタイプのコンドミニアムを選択。
目の前は海でテラスからの景色や居心地は最高です。決してゴージャスというわけではなくて、自分の好きなテイストが網羅された、快適で大好きな空間でした。
コナでは空いている時間を見つけて、ようやくサーフィン。
いつものごとく、息子が家のようにくつろいで、地元サーファーに混じっていき、すっかり仲間になってました。
一緒にサーフィンしたり、ランチ食べたりして過ごし、ここでも一期一会を感じました。
でも波の大きさが半端じゃなくて、ちらっとみたら、息子の後ろに彼の身長の何倍もある高波が来ていて、もう手も足も出ない状態でいたら、ちゃんとドルフィンしてました。
彼のBRAVEさに感動!した親バカでした。

気持ちよいハワイ島の生活を満喫し、たくさんの自然とパワーをもらって、本校のあるLAへ旅立ちました。

今週も楽しいWEEKを!




| - | 17:36 | - | - | - | - |

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--